みんなのウォーターサーバー活用術

ウォーターサーバーとは水容器をセットして冷水と熱水がすぐに出てくる冷水熱水用具のことです。赤ちゃんのいる家庭でもウォーターサーバーは重宝されています。海外ではディスペンサーと呼ぶのが一般的です。水の宅配業者とレンタル契約で設置する方法と、ウォーターサーバーを買取り、水の宅配を依頼する方式があります。しかし、ほとんどの場合は月々のレンタル料を支払って使用しているようです。以前日本では水道水を飲む習慣がありましたが、いつからか水道水を飲まなくなりました。水道を使用する場合も浄水器を利用している家庭は多いはずです。また、ペットボトルでミネラルウォーターを大量購入している家庭もあります。しかし、ペットボトルが場所を取ること、非常に重いことが難点です。その点ウォーターサーバーは場所もあまり取りません。業者がミネラルウォーターを定期的に運んで来てくれるので重い思いをする必要もありません。また、最近ではデザインもよくなっていてリビングに置いても違和感がなくなってきました。ウォーターサーバーは高さによって卓上用と床置用があります。部屋のスペースが少ない場合は卓上用を選んで机の上や台の上に置いて使用するのがよいでしょう。しかし、床に置いてもそれほど場所を取るわけではないので好みによって選べばよいと思います。また、中身のミネラルウォーターですが、水の業者が扱っているミネラルウォーターの種類は様々で、水道水を濾過した水もあれば天然水もあります。業者を選択するにあたり、その辺もしっかり調べてからの方がよいでしょう。価格やデザインは業者によって異なりますが、サーバーの機能自体はそれほど差はないようです。また、ボトルもガロンボトルとソフトタイプボトルの2種類があります。ガロンボトルはポリカーボネート樹皮でできている固くて頑丈なボトルになります。衝撃に強く、高温、低温に強くて軽いことが特徴として挙げられます。空きボトルを業者が回収して再利用する方式なのでこのような頑丈なボトルが使用されています。ガロンボトルタイプの水宅配のメリットは空きボトルを業者が回収してくれるのでゴミが出ないことです。ソフトタイプのボトルはポリエチレン製の容器やPED樹脂で出来ています。空きボトルを業者に返却する必要はなくそのままゴミとして捨てられます。メリットとしては、返却の必要がないので空きボトルの保管場所に困らないことです。また、再利用されることもないので衛生面を気にする人には安心です。このように色々なことが少しずつ違います。しっかり調べて比較して、自分に合ったウォーターサーバーを選びたいです。

MENU

みんなのウォーターサーバー活用術